松九会テニス活動


 2018年活動内容
 
2018/12/5  「12月度 定期練習と忘年会」  若久テニスコート&へいじ   

 12/5に12月の定期練習を若久テニスクラブで行いました。年末で多忙なためか7人の少数精鋭でプレイに汗をかきました。若久テニスコートは室内で、眩しさも風もなくコートも良く失敗の言い訳が見つからないと言いながらプレイを楽しみ次回からはここが私たちのホームグランドにしようと言う事になりました。
 夜は行きつけの渡辺通り「へいじ」で忘年会を行いました。テニスや会社時代の昔話などでひと盛り上がりした後、末次コーチより先般の交流戦や定期練習を見ての全員個々のテニスプレイの講評を頂き、自分では気づかなかった長所、短所が良くわかり貴重なご指導に感謝するとともにコーチの眼力と記憶力には感銘を受けました。指導ポイントは@勝ちにこだわる、A攻めのストーリーを描くBセンターセオリーなどでした。来年は芝のコートであるグラスコート佐賀テニスクラブ(旧ウインブルドン九州)でのプレイ体験を誓って解散しました(記事:福田義弘)

 若久テニスコートで定期練習を終えた後、新鮮な刺身の造りとフグ鍋を頂きながらテニス談議に花が咲きました 

へいじの刺身盛り合わせ

乾杯1

乾杯2

乾杯3

乾杯4

鍋料理はフグでした
 コメント一覧   選手の写真をクリックすると末次コーチのコメントが流れます
                 
福田選手 本田選手  北原選手  下橋選手  菅原選手   金崎選手 藤選手  山崎選手   末次コーチ


2018/11/25  「11月度3チーム交流戦」  香蘭短大テニスコート   

11/25秋晴れの中、今年最後のテニス交流戦を開催した。今回は松九会10名、松愛会6名、チームこがっち8名の合計24名のベストメンバーが出揃った。試合は4ゲーム先取のダブルス戦。我が松九会チームは先月合宿で技能と体力をつけその成果を発揮しようと自信を持って臨んだ。しかし結果は空回り、松九会メンバー平均年齢67歳の割には張り切りすぎて力みが出てしまいなかなか調子が上がらなかった。優勝は松愛会の8勝4敗、準優勝はチームこがっちの6勝6敗、松九会は梶山応援団長の叱咤激励の甲斐もむなしく4勝8敗の3位に終わった。残念・無念。この悔しさは12月の忘年会で愚痴ると同時に次へつなげて行くと固く決意した(記事:金崎暉正)
◆末次コーチのコメント
1)合宿の練習は皆さんのレベルアップを目的に行い、試合に勝つための練習ではなかった結果だと思います。
2)合宿に参加された方は完璧ではなかったですがそれなりに頑張ってたと思います。
3)残念な点は合宿に参加されていない方の頑張りが空回りしているように感じました。
4)松愛会の方たちは合宿の成果が出ていたので負けないようにしなくては
◆チームこがっちの感想
1)チームごとの参加人数に差があるので少数精鋭の松愛会がどうしても有利である。8名はキープ願いたい。
2)チームこがっちは6勝ですが、うち平川さんが4勝しておりチームの力としては疑問。底上げが課題。
3)松九会・松愛会は年齢の割にはよく動かれておりボレーも上手と思います。
4)松九会はサーブにスピードがないので威圧感をあまり感じませんでした。
5)今後は大宰府なでしこチーム(女性)を混ぜ、こがっちの女性軍が力を発揮できるような配慮も検討事項だと思う。

 
松九会&松愛会&チーム古賀っち合同記念写真 

試合形式の説明
 
注意事項の説明
 
試合開始
 
優勝の松愛会
 
準優勝のチームこがっち
 
応援する梶山応援団長
 
松愛会のメンバー
 
チームこがっちメンバー
 
松九会のメンバー


2018/10/30〜31  「10月度テニス合宿」  北谷運動公園&グランディア大宰府   

 今年のテニス合宿は、昨年に続いて松九会と松愛会の合同合宿となりました。
今回の会場は、北谷運動公園及びグランディア大宰府です。1日目のテニスは2組に分かれて末次コーチの厳しい球出しによるストローク、ボレー、スマッシュとフルに動きました。コーチからはコート上での立ち位置やボールとの距離を的確にとるよう指導を受けました。後半はダブルスの試合を行いました。
 夜は場所をホテルに変え温泉で疲れを癒し、宴会ではテニス談義や出身地の話題などで皆さんと懇親を深めました。二次会でも日本シリーズをテレビ観戦しながら盛り上がりました。
2日目は朝からダブルスの試合を行い、前日のコーチの教えを念頭に置きながら皆さん頑張りました。
松愛会ではコーチの球出しでの練習を行うことはほとんどないとの事ですが、大変有意義で楽しい合宿となりました。有難うございました
。(記事 山崎由喜夫)

 
松九会&松愛会のテニス同好会合同記念写真 

北谷テニスコート
 
末次コーチより特訓を受ける
 
福田さん
 
本田さん
 
金崎さん

北原さん 
 
菅原さん
 
藤田さん
 
田嶋さん(松愛会)
 
篠原さん(松愛会)
 
松延さん(松愛会)
 
試合後の挨拶
     
     
     
 下の画像をクリックすると動画が再生されます
合宿1日目
 
 合宿懇親会
合宿2日目
 



2018/9/19  「9月度定期練習」  若久テニスクラブ

 9月の定期練習は雰囲気を変えて、南区の若久テニスクラブで実施した。当コートは日頃福永氏、吉田氏が使用しているホームコート。天候に左右されないドーム型で4面あり、天井まで16m、ベースラインから壁まで7mを確保した広々スペース。高いロブも安心で後ろを気にせず、広々快適プレイを楽しめる環境だ。会員の自宅からアクセスもいいのか今回は11名が参加した。コートも追加し2面で2時間ばっちりと汗をかいた。また今話題のグランドスラム全米オープンシングルスを日本人として初めて制覇したプロテニスプレーヤー「大坂なおみ」ちゃんの凱旋試合(東レパンパシフィック)が5時半からあるため定期練習は4時で切り上げ、あとは各自自宅でなおみちゃんの試合をテレビで応援しながら「脳トレ」を行うこととした。
次回10月は、30(火)〜31(水)で松愛会テニスクラブとの合同合宿を1泊2日で行います(
記事山崎由喜夫)


全天候型ドームの若久テニスクラブ

占野夫人の手紙を紹介する福永さん

菅原さんのサーブ

軸屋さんのレシーブ

三浦さんと吉田さんのレシーブ

福田さんのレシーブ

福永さんと酒見さんのレシーブ 

藤さんのサーブ


2018/8/22  「8月度定期練習」  スプラージ金隈テニスコート

 松九会テニスクラブの8月度定期練習会を8月22日(水)に「スプラージ金隈」にて開催。
冒頭、当テニスクラブ会員の占野さんが8月14日に亡くなられたので、参加者全員で黙祷を行った。
7月の3チーム交流戦は熱中症回避のために中止となり、しびれを切らした9名がコート1面にて12ゲーム程度の練習試合を実施した。室内コートなので直射日光は当たらないとはいえ、猛暑には変わりなく、皆で無理しないよう、水分補給を早めに取ろうと呼びかけ合いながら行った。この夏の練習をのり切れば技量も体力もアップするに違いないと信じたいが、無理は禁物である。

今回はFA出身の酒見さんが入会し初参加され、平均年齢を下げてくれた。
試合待ちのベンチでは健康談義・減量談義などの世間話をしたり、自家栽培の産直夏野菜の差し入れがあったりと、楽しいひと時でした。

次回は9/19()1400〜若久テニスクラブにて定期練習の予定です。(記事:本田純一郎)



福田さん


新入会員の酒見さん


福永さん


藤田さん
 

藤さん


2018/6/20  「6月度定期練習」  スプラージ金隈テニスコート
梅雨の晴れ間の620日(水)松九会テニスの6月度定期練習を「スプラージ金隈」で開催。本コートは屋内の為、月一回のテニス例会も雨で中止になることはなく安心して練習できる。今日は見学サポータ含め8名の参加。来月の3チーム交流戦を控え、技量アップに努める予定だったが、参加者が少なく楽しさ第一の練習内容とした。練習試合がはじまるとラリーの応酬、ロビングのタイミング、サーブのスピードと正確性など確実に技量アップが見て取れる試合内容であった。
往年のプレイヤーも見学に見えたが、眼の色が変わり近々にはラケット持参の
参加になるだろう。
また、試合の合間にはベンチでスマホ教室も開催されたり、さらに自家栽培の産直野菜を持参してくれた部員もあり、会員相互間も一段と親睦も広がり、高まっていってる。
次回は729日(日曜日)松九会、松愛会、チームこがっちの3チーム交流戦を開催の予定。
(記事:金崎暉正)

2018/5/16  「第5回松愛会との交流戦」  春日公園テニスコート
5月16日に実施した松九会と松愛会のテニスの交流戦は第5回目。過去は2勝1敗1分け。
今回は松九会7名、松愛会8名が参加した。以前松九会メンバーにいた光田さんが松愛会メンバーの一員として戦力補強?で参加していたのには驚いた。やっぱり好きなテニスには国境?はないものと痛感。試合はダブルス戦で4ゲーム先取を16試合行った。結果は松九会が11勝5敗と完勝だった。次回の交流戦は7/29(日)松九会、松愛会、チームこがっち3チームの合同交流戦を予定している。
(記事:山崎由喜夫)

松愛会と松九会の対抗戦出場メンバー
 松愛会のメンバー紹介
松九会のメンバー紹介
 写真をクリックすると動画が見れます
金崎選手のプレー紹介

金崎選手のレシーブ

光田選手のフォアハンド

菅原選手のレシーブ
写真をクリックすると動画が見れます

井上選手のサーブ

戦い終わって握手

脚がつってしまった福永選手

2018/4/25  「4月の定期練習」  金隈テニスコート
4月下旬というのに寒暖の差が激しい今週、金隈テニスコートで4月度の定期練習を行った。
いつも元気に参加する北原先輩・福田先輩の顔を見られなかったのはちょっと寂しい気がする。風邪でも引いて体調を崩しているのではと心配も。
今回は7名の参加、各人ダブルス3試合をこなし、来月の松愛会との交流戦に挑む。
各人は下記のプレイスタイルを見て、技術レベルを1歩でも向上の参考にしてもらえればありがたい。
占野選手のビデオ撮影が漏れていました。お詫びします。次回撮影しますのでご勘弁ください。
(記事:山崎由喜夫)
写真をクリックすると動画が再生されます
 ダイジェスト  福永選手  原選手  本田選手
 菅原選手  藤田選手   占野選手  

2018/3/18  「チームこがっち交流戦」  某短大テニスコート
桜の開花も間近に迫った好天の日曜日、毎年恒例の交流戦 「松九会テニス同好会」と「チームこがっちテニス同好会」を行った。今回で5回目、過去の成績は3勝1敗。
チームこがっちは、九松OBの古賀さんがリーダーを務めており、某テニススクールの仲間を集め、スクール以外に毎週日曜日にコートを借りて練習している若いチーム。今回は松九会チーム8名、相手チームも8名の布陣で合計17試合をおこなった。
松九会の平均年齢69才、チームこがっちは39才と30才の年齢差もものとせず奮戦。16試合を終わって8勝8敗のイーブン。決着は最終試合にもつれ込み、松九会は藤本・三浦のエースを投入。すると相手チームも20代の若手エースを起用してきた。一進一退の息詰まる接戦だったが最後は若手のパワーに押され惜敗。結果8勝9敗で涙をのんだ。
終了後はお互いの健闘を讃えあいつつ次回の試合を約して散会した。(記事:吉田進一)
   
   
   
 
松九会チームVer. 
 チームこがっちVer.
動画は全画面表示で見ることもできます 

2018/2/14  「絆を深める交流戦(vs松愛会チーム)」  春日公園テニスコート
松愛会チームとの交流戦は過去2勝1敗の成績。
昨年の合宿は合同で開催し共に技術を磨き上げた仲間である。 今回は春日公園テニスコートで11時から共に8名ずつ計16名の参加、ダブルス試合で一人4試合、計16試合を4ゲーム先取・ノーアドで実施。
長い戦いのため昼食・スープ・バナナ・センベイなどで腹ごしらえしつつ交流し、テニス仲間としての一体感は覚えながらも試合となると闘志向き出し。前半は松九会の4勝0敗とリード。中盤では松愛会が盛り返し4勝4敗のタイに。更に後半戦に突入すると一進一退。15試合時点で松九会が8勝7敗とリード。迎えた最終戦、両チームともエースペアを投入。応援のボルテージも最高潮に!ここで粘る松愛会を振り切ると優勝。しかし松愛会のしつこさに屈し、8勝8敗のドローとなった。あぁ〜残念・無念、あと一歩が…これも勝負事の難しさか?
ここ数日寒気が続く中、この日だけは気温14℃と晴天にも恵まれ、楽しくもあり感動もした交流戦だった
(記事:金崎暉正)
 
   
 
2018/1/31  2018年も「I Love Tennis」  スプラージ金隈
 寒気が残る中、放射冷却の影響もあり今朝の大宰府はマイナス2℃を記録。14時からの定期練習時の気温は多 少上昇したものの最近は寒い日々が続いている。それでもコートに立てば熱気に包まれるのは「ILove Tennis」だ からだろうか。
 今日は6人のメンバーでダブルスを楽しんだ。月一度の定期練習は、テニスを楽しむ以外に互いに元気な姿で再  会すると何となく安堵する。顔を見ないと「元気にしてるだろうか?」と気遣う。これも団結の現れか。更に我がテニ ス同好会員はこれからも「I LoveTennisで人生100年」いける人がいるかも?
 さて、次回開催は2/14(水)の交流戦。相手は松愛会テニスクラブ。前回は惜敗しているのでリベンジだ。数多く  のメンバー参加を大いに期待している
(記事:山崎由喜夫)